FC2ブログ
今までのお客様
FaceBookページはこちら
プロフィール

ぷらぷら

Author:ぷらぷら
ガーデニングセレクトショップ
Prime plants(プライムプランツ)

営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日
    

住所:〒838-0106
   福岡県小郡市三沢3634-2
TEL :0942-27-8943

MAP :


より大きな地図で Prime plants プライムプランツ を表示

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

ブログランキング
   banner.gif
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

リース教室のご案内


*イベントのご案内*
明日12月1日土曜日〜3日月曜日まで
筑紫野ベレッサにて、ガーデニングフェア開催!



リース1

おはようございます!


とうとう11月も最終日。


12月に入っちゃう前に・・・


先週末に作成したリースをご紹介します!



リース3

赤黒系で、カッコ良く仕上げたリース

ハボタン「ブラックリーフ」と

ガーデンシクラメン「ショコラ」のコンビがたまらないっ


リース4

実は、こちらのリース


12月から福岡市植物園に展示されます。


お花の楽しみ方に「土付きの花苗で作るリース」


ってもんがあるんだよ。と知ってもらう為に


植物園さんが企画されたコーナーにディスプレイ。


その他の花屋さんが作られたリースもあるそうです。


しかもこのリース、抽選で来場者の方にプレゼント!!


詳しくは植物園の方にお問い合わせくださいね。



リース5

こちらはオーダーで作らせていただいたリース

先程のと似ておりますが

シクラメンの色を変えるだけで

ガラッと印象変わります。


リース6

リースは必ずしも壁やスタンドにかけなきゃいけない

って事はなく、このようにテーブルやベンチに置いてもよいのです。


リース7


毎年沢山のリースをつくるのですが


お問い合わせが多いのがリース教室です


思っているより手間のかかるリース作り


自己流でやってみて、どうも上手くいかないって方は


是非参加されてみてはいかがでしょうか?


リース教室開催のご案内
~ Flower Ring Basket~



プライムプランツが作るリースは

成長していくフラワーリース

色合わせ、花合わせを楽しみながら

土付きの植物達をリング型のバスケットに

1つづつ丁寧に植えていきます



教室ではリースに向いている

植物の選び方をアドバイスしたり

壁にかけてもボロボロと土が落ちてこない

植え方をきちんと教えます

一度受講すると

次からはご自分でしっかり作ることができますよ



開催日
12月12日水曜日
午前の部 10:30~12:00
午後の部 14:00~15:30

12月15日土曜日
11:00~12:30


費用

選んで頂く植物やリース枠によって

かかる費用が異なってきますが

目安としては

φ28cmサイズ希望の方は
¥5000~¥6000くらい
φ34cmサイズ希望の方は
¥8000~¥10000くらい


*ご予約*
参加希望の方は
お店へ直接お電話ください




決まった花材でつくるのではなく



ご自分で色合わせ花合わせをしていく



ぷらぷらのお店でしかやれないリース教室です!



ご参考までに、昨年作ったリースの写真を・・・


リース11

リース12

リース13

リース14

リース15

リース16

リース21

リース22

リース23

リース24


たくさんのご参加、お待ちいたしております!



スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

原種シクラメン入荷です。


今年もこいつがやって来た!!




そう、原種シクラメンの入荷時期ですね。




葉っぱですが、花以上に奥が深い。




そんなワイルドシクラメンだからこそ、ぷらぷらも大好きなのでございます。




もちろん、花も咲きますよ。




種類によって、花が咲く時期が全く違うのも魅力に一つ。




ちなみに、皆さまが「シクラメン」と言っているのはペルシカムの改良種。




原種シクラメンに足を突っ込むと、通常のシクラメンの葉が気になります。




そう、植物の見方が変わるのです。




そんな革命を、自分の中で起こしてみませんか?




なのでなので、今回は入荷全株ご紹介です。




微妙〜な、違いを味わって下さいね。




11:23−01




シリシアム 開花:10〜12月



中央のツリー模様と、それを囲む様なマーブル模様。



葉数も多い、充実株ですね。




11:23−02



シリシアム 開花:10〜12月




やや丸い葉が可愛い。




模様も、何とも言いがたい個性的な感じ。




11:23−03



シリシアム 白花



シリシアムでは貴重な白花です。



原種シクラメンでは、ちょいちょい白花が好まれる品種があります。



この葉に白花、シックでカッコ良いですね。




11:23−04




バレアリカム 開花:4月



可愛らしい小葉から、小輪の白花が咲きます。



花数が増えると、とても可愛いですよ。




11:23−05



アルピナム 開花:12〜2月



こちらも小さめの葉から、花茎の短い花が咲きます。




花が沢山咲いた姿は、めっちゃ可愛いですよ!!




11:23−06



リバノチカム 開花:3月



葉の縁がボンヤリと、赤みを帯びています。



個人的にこのじゃみじゃみっとした模様が、お気に入りです。




11:23−07



ミラビレ タイルバーンジャン 開花:9〜11月



原種シクラメンの中でも、特に人気が高いミラビレ。



葉数と花数がとても多く、その株姿は風格さえ感じます。



その中でも、特殊な白花の品種。



それがタイルバーンジャンなのです。




11:23−08



ミラビレ 開花:9〜11月



コレ可愛いですね。



はっきりとしたカップ状の葉が、他に無く可愛いでしょう?




そう、原種シクラメンは葉の形も重要な鑑賞ポイントなのです。




11:23−09



このカップ、カップでしょう?



模様も良いし、葉数も多い。




超オススメの株です。




11:23−10



ミラビレは葉がピンクに染まるのも特徴です。



全ての株ではありませんが、この株はほんのりピンクになっております。




11:23−11



ミラビレ 開花:9〜11月




うってかわって、イメージが違うミラビレ。



写真では解りにくいですが・・・。




11:23−12



こんなに小葉なのです。



とっても整ったグリーン〜シルバー〜グリーン。



模様も満点です。




11:23−13



ミラビレ 開花:9〜11月



こちらも充実した株ですね。




模様もいい具合です。




11:23−14



ミラビレの葉は、普通はこんな大きさ。




今回入荷したミラビレは、どれもこれも素敵ですね。




11:23−15



シプリアム 開花:11〜2月



シプリアムは基本、白花です。




そして特徴と言いますと・・・。




11:23−16




この葉に入る、大理石模様。




花も美しいですが、葉の模様もきれいでしょう?




11:23−17




コンヒューサム 開花:10〜12月




このコンヒューサムは、とても葉が美しい個体ですね。




シルバー部分の輝き方が、とてつもないです。




11:23−18



エレガンス 開花:ハッキリしない




花がとってもエレガンスなんだそうですが、なかなか詳しい事が解らないです。




もともと、コウムに分類されていたらしいので、近い開花時期なのでしょうか?




こう言った良くわからないのを、育ててみるのもワクワクしませんか?




11:23−19



ローフシアナム 開花:10〜11月




特徴的な形の葉ですが、特徴的なのは葉の形だけでなく・・・。




11:23−20




葉の大きさが、他の原種シクラメンと違います。




こんなに大きな葉ですが、まだまだ大きくなるのです。




11:23−21



ローフシアナム プレーンリーフ




コウムの真緑の葉を、プレーンリーフと言いますが・・・。




これもそのプレーンリーフの様ですね。




しかも、やや黄色がかっている。




レアなローフシナムですよ。




11:23−22



インタミナカム 開花:9〜11月




葉の形がコロコロして可愛らしい!!




とくに花が小さな品種。




咲くとこの葉と小花、そして花に入る筋が可愛すぎます。




11:23−23



グラエカム グリファダ 開花:9〜11月



グリファダは、グラエカムの中でシルバーリーフの物です。




綺麗ですよ〜。




11:23−24



グラエカム 開花:9〜11月



通常のグラエカムはこちら。




一般的な品種なので、とってもリーズナブルに始められます。




11:23−25



グラエカム 開花:9〜11月




マットで濃いグリーンな下地に、シルバーの模様が輝きます。




まるで高級な絨毯を見ている様です。




まあ、うちのカーペットは激安なんですけどね。




でも、お気に入りなんですよ。




グラエカムは鉢栽培がオススメの原種シクラメンです。




11:23−26



グラエカム アナトリカム 開花:9〜11月



グラエカムの中でも、シルバーとグリーンの輪っか模様が美しいもの。



形も整っていて、良いんじゃないですか?




11:23−27



ヘデリフォリウム 開花:9〜12月




ヘデリフォリウムは、九州で最も育て易いと言われています。




実際、苗を夏越しさせる時に最も生き残ります。




この葉の模様は、ヘデリフォリウムの中でも人気がありますね。




11:23−28



ヘデリフォリウム 濃いグリーン 開花:9〜12月




ダークグリーンに模様が入るタイプ。




実は、ヘデリフォリウムは原種シクラメンの中で、一番葉の変異が多い品種です。




それはそれは、コレクションのしがいがあります。




11:23−29



ヘデリフォリウム ボールズアポロ風 開花:9〜12月




人気のヘデリフォリウム、ボールズアポロに似た個体。




交雑したのか?ハッキリとは言えないのが残念ですね。




写真中央部の葉が、ややピンクがかって見えるのですが・・・。




気のせいでしょうか?




11:23−30



ヘデリフォリウム 長葉 開花:9〜12月




さて、趣が変わってきましたがまだまだヘデリフォリウムです。




庭で大株になっていたら、カッコイイ事間違い無し!!




11:23−31



ヘデリフォリウム 長葉 開花:9〜12月




これは葉の形がほぼ楕円形ですね。



ウ、ウルトラマンタロウの目に見えるのは、わたくしだけでしょうか?




11:23−32




葉の形も模様も、素敵ですよ。




葉数が増えると、更に綺麗でしょうね。




11:23−33



ヘデリフォリウム 白花 開花:9〜12月




葉の模様も気になりますが、これは白花の個体です。




基本ピンク花が多いヘデリフォリウムなので、育ててみる価値有りでしょう!!




11:23−34




ヘデリフォリウム シルバーリーフ 開花:9〜12月




楕円形のヘデリフォリウム。




しかもシルバーリーフです。




昔同じ様な葉で、タイルバーンへレナという品種がありましたが。




それは白花でした。




今回は、ピンク花の様です。





11:23−35



ヘデリフォリウム シルバーリーフ 開花:9〜12月




何か、1株の中に様々な葉の形がある様に見えます。




11:23−36




ヘデリフォリウム シルバーリーフ 開花:9〜12月




こちらはシルバーに模様が入っております。



面白い混ざり方をしてます。




11:23−37



コウム 開花:1〜3月



コウムの特徴である、ツリー模様が綺麗な個体。




葉の縁にグリーンが入っているので、何かのロゴマークの様に見えますね。




11:23−38



コウム 1〜3月




こちらもはっきりとした、良いツリー模様ですね。




コントラストがハッキリとしています。




11:23−39



コウム 開花:1〜3月



少しイメージが変わりますが、コウムです。




小さめの葉が可愛いですね。




11:23−40



少し膨らんだようなふっくらとした、葉が可愛らしい。



葉柄の赤も目立ちますね。




11:23−41



コウム 開花:1〜3月




こちらもコントラストが、ハッキリと。




今回のコウムは、どれも綺麗な模様をしております。




11:23−42



コウム ピューターリーフ 開花:1〜3月




通常の配色と違い、シルバーリーフにグリーンの縁取りが入るピューターリーフ。





11:23−43





こんな可愛い葉もありました。





11:23−44



コウム ピューターリーフ 開花:1〜3月




見れば、見る程に見とれてしまいますね。




そろそろ、原種シクラメンの魔力に取り付かれていませんか。




11:23−45



コウム シルバーリーフ 開花:1〜3月




シルバーリーフのコウム。




コウムも結構、葉の変異が多くて面白いですよね。




11:23−46




コウム BSBE F2 ツリー模様 開花:1〜3月




これは、特別美しい葉ですよ。




11:23−47




鮮やかなツリー模様が、とんでもなく美しい!!




模様だけでなく、このデコボコした葉の形状。




ホスタではプリーツと呼ぶのですが、格好良すぎですね。




11:23−48




すでに株元に、花芽が来ていますよ。



花色は濃さそうですね。



11:23−49




コウム 斑入り 開花:1〜3月



レアな斑入り株も、今回入荷致しました。




11:23−50



斑が入りすぎて、ほぼクリーム色になった葉色。



葉の中心部に、葉裏の色が出ています。



この赤いスポットが、とても印象的で美しい株でした。




11:23−51



ペルシカム 開花:3〜5月



このペルシカムが、現在のシクラメンの元になった品種。




他の原種シクラメンと比べても、とても美しい葉をしています。




11:23−52



何となく仮面ライダーの様な模様。



フォーゼかな?




葉の縁に入る、ギザギザも規則的に入り美しい。




11:23−53




ペルシカム シルバーリーフ 開花:3〜5月



これは別格でしょう!!



シルバーは存分に銀々で、グリーンはとても深く。




11:23−54



コントラストが迸ってますね。



シルバーがグリーンに入っていく所、珊瑚の様な模様が絶妙です。






さあ、ぷらぷらに来て、原種シクラメンの魅力を感じてみませんか?




フラワーリースと言ったら?


今週末は、3連休!!




何をしても、何もしなくても、3日は3日。




寒いからって、グズグズしている場合じゃないっしょっ。




ぷらぷらでは今週末、リース作りを始めます。




注文の寄せ植えもたくさんあるので、終わらせてからになりますが・・・。




だーかーらー。




見に来ませんか?




作りに来ませんか?




フラワーリース作りには、ちょっとしたコツがあります。




そんなこんなを、ぺらぺらペラッと話しちゃいますし。




横から手やら口やらを、バンバンはさみながらお手伝いします。




フラワーリース、その達成感はハンパじゃありませんよ!!




さてさて、そんなフラワーリースを作るのに欠かせないのが・・・。





ハボタンですね。




そう、ハボタンさんの季節がやって参りました。





11:22−01



毎度、おなじみベビースマイル。




一株に、5株入っております。




株分けして使えるので、リースなんかにもオススメ。




11:22−02




こちらは、光子の寄せ株。



3株集まっていて、これも株分けして使います。



光沢のある葉が、他の植物には無い空気感を演出してくれます。




11:22−03



うってかわって、マットな魅力のローズリーフシリーズ。




とにかく、かっこ良い葉色ばかりです。




11:22−04



一番人気の、マットブラック。



渋かっこ良さは、今回入荷分の中でもダントツです。




11:22−05




鮮やかな葉色が美しい。



お正月にはこんな葉色が、欠かせませんね。




11:22−06




この葉先が、たまらなくカッコ良い。



ワンちゃんの奥歯側の下唇を思い出すのは、わたくしだけでしょうか?




11:22−07




珊瑚系もハイセンス。



使い方次第では、とても映えます。




11:22−08



白〜ピンクのグラデーション。




ハボタンって、お正月のオメージでしょうが・・・。




単純に考えて、こんなグラデーションのカラーリーフってありませんよね。



だから冬は最高!!




ハボタンに、ヒューケラにリシマキア等々。




カラーリーフ天国ですもんね。





どうでも良いのですが・・・。




このハボタン。




もはや、ボタンでは無いのですね。




だって、ローズリーフシリーズ。




・・・「ハバラ」でしょ?




ハボタンの根底に切り込んだ、斬新なネーミング・・・。




どうなんでしょう?




11:22−09



マットな黒〜赤。




やはり、コレも人気の葉色ですね。



トラディッショナルな、美しさを感じます。




11:22−10




もちろんこれも、株分けして使う事が出来ます。




ハボタンや、他のカラーリーフの株分けは丁寧さが必要。




そんな、こんなも見に来て下さいね。





11:22−11




ぷらぷらの寄せ植え。




そこに欠かせない、ハボタンと言えば「ブラックリーフ」




ホワイトと合わせると、その素晴らしさが際立ちます。





11:22−12




こんな感じ。




美味しささえ、おぼえます。




まさに、唯一無二な質感。




11:22−13




ハボタンは出初めですが、ようやく良い葉色になってきました。




あまり早いと、葉色が乗って無くて美しさ半減です。




さあ、今週からお正月まで長〜く楽しんじゃいましょう。




11:22−14




プリムラもスターといたしました。




プリムラ ジュリアン シルキーレイ




ホワイトにピンクの覆輪が入る、可愛らしいプリムラ。





11:22−15




花は少しづつ違うので、数株使って寄せ植えにするだけでも美しいです。




コレもリースに使い易いですよ。



何か不思議と、早く植えたいですね。




11:22−16




ビオラ リトルコニー・・・だったかな?




小輪多花。




とにかく良く咲きそうですね。





11:22−17




ぼんやりとグリーンが入る。




人気の花色ですね。




11:22−18




おお、極小輪のブルーイング!!





11:22−19




やっぱり丸顔は可愛いですね。




このシリーズばかりで、寄せて植えるのがオススメ。




11:22−20




個性的。




沢山の育種家ビオラを見て来ても、この花にはときめきます。




今までに無い、感動があります。




11:22−21




個性的な花色。



花の大きさ。




来年の春がとても楽しみな株。




11:22−22




やっときました、チェッカーベリー。



最高な葉色、実付き!!




大きな実が特徴な、ビックベリー。




・・・多くは語りませんが。




ラベルに違和感を覚える。




なんか笑える感じです。




詳細は実物を見て下さいね。




11:22−23




この株最高!!



カロケファルス シルバーブッシュ




プラチーナとはまた違ったイメージで、密度があります。




11:22−24




直径7.5㎝のロングポット。




すぐに無くなりそうな予感。




見ての通り、リースにピッタリな高さですね。




11:22−25



こちらもスマートなポットが嬉しい。




ネメシア セブンスへブン。




微妙に違う、様々な花色がミックスになっています。




ポット植えに適したサイズ。




一体、どんな使い方が出来るのかワクワクしますね。





11:22−26




ビオラにピッタリな、ポットを発見致しました。




先日の寄せ植え教室でも使ったのですが、予想以上に可愛い!!




価格も特価になっておりますので、オススメの極みです。




3〜4株入る、ちょうど良いサイズ。




11:22−27




こんなのも、見つけちゃいました。




イタリア デロマ社製ポット。




固くて、薄くて、軽めなのが特徴。




直径が43㎝ありますので、かなりの大きさがあります。




11:22−28




鉢の色、質感両方とてもいい具合です。




バラを植えているポットが、手狭になって来た方にオススメです。




他にも、素敵な樹木等をちょうど良いサイズのまま、育てたい方にもオススメです。






さあ、3連休初日です。




爪の中が、真っ黒になる程寄せ植えを創りまくります!!




今週末もビオラ、そしてリース。



ビオラマーケットにて、怒濤の様に売れていったビオラ達。




まさに、9割程が売れた品種もあります。




しかしながら、まだまだオススメのビオラも。




きっとこの子達を探している方がいるのではないか?




そんな事を思い、今回のブログアップです。





11:20−01




今年は例年よりも、更に拍車がかかったエヴォルベの人気。




まさに破壊的な売れ行きでした。




しかし、その1つ1つがオンリーワン。




11:20−02




一見、黄色のパンジーですが・・・。




よくよく見ると、絞り模様が入っています。




見た事無いので、春にはどうなるのか分かりません。




思い通りに育てるのが、園芸の目的ですが。




どうなるかわからない物を育ててみるのも、園芸の楽しい所ですよね。





11:20−03




オレンジにうっすらパープルが入る、今年初めて見た株。




花の形も綺麗なので、茂ると見事でしょう!!




11:20−04




やや小輪のビオラです。




この深紅の花は、緑の葉に映えますね。




美しい赤ビオラはとっても貴重。




これ、間違いない事実。




11:20−05




ぷちぷちミックスも、熱烈なファンが付いているビオラの一つ。




コンパクトで極小輪ですが、花付きは他のビオラと変わりません。




まさに、ミニチュアビオラ。




11:20−06




しかも、花色も個性的。




他のシリーズには無い花色も沢山あります。




11:20−07




こんなにミニミニなバニータイプ。




他では見られませんね。




11:20−08




ぼんやりと、複雑なグラデーションが入る花色も特徴。




11:20−09



こちらもぼんやり系。




入荷した時から考えると、かなり花数が増えてきました。




良い生産者さんが作った苗は、水だけ与えておいても太っていきますね。






・・・、水だけで太っていく。





人間だったら、こんなに恐ろしく理不尽な事はありませんね。




ああ、脱線しましたね。




11:20−10




コレなんか、まさに注目株です。




花数が増えると、かなり目を引くはず!!




11:20−11




こんな葉っぱはいかがでしょうか?




植物は花だけじゃありませんからね!!




全てを楽しんじゃいましょう。




11:20−12




これはもはや、何の説明も要りませんね。




とにかく美しい。




11:20−13



葉・花・花首、様々な要素が合わさって、株が出来ております。




なので、その全てを注視する事で、その株の何が特別かが見えてきます。




園芸の楽しさが倍増しますよ。





11:20−14




ここからはリアン。




今年は特別、可愛らしい株が多い気がします。





11:20−15



個性的な子も。




11:20−16




カシスパープルに、白い覆輪が入る株。




それにしても良い株ですよね。




11:20−17




こんなエキゾチックな花色も。




花首が長いので、線香花火が爆ぜているみたい。




11:20−18



カッチリと締まった株。




植え込むまでは、コンパクトで。



植え込むと、一気に株が太り始める。





・・・水だけで太らない・・・。




一安心ですね。





人間だったら。





植物においては、ポットの状態で株が太っても、株が動かなくても大丈夫。




問題はポットの状態で、徒長してしまう事。




伸びてグラグラする苗が、一番嫌ですね。




11:20−19



種が2粒入った様ですね。




2色楽しめる、お得な株です。




しかも2色とも、個性的な花色。




11:20−20




エヴォルベの斑入り株もありますよ。




もちろん健全に育った。斑入り株です。




斑が入るには、様々な要因があります。




問題があって、斑が入っている株も多々あります。




で〜も〜、これは大丈夫。




11:20−21



ハボタン 花雪丸



とにかく斑が美しいのなんの。




早く使わないと、無くなっちゃいますよ。




11:20−22




ビデンスもまだまだ今からが見頃です。




この明るいイエローは、きっとあなたの心を彩ってくれるはず。




11:20−23




ネメシアの時期になってきましたね。



ストックに近い、甘い香りに包まれます。




こちらが特にオススメの花色です。




11:20−24




サルビアもまだまだ綺麗ですね。



優しい藤色のサルビア ブルーチキータ





11:20−25




ストックもまだまだ今から本領発揮ですね。




このようにグラデーションにして、植え込むだけで綺麗でしょ。




11:20−26




チロリアンデージーも入荷しております。




寒さに強い植物なので、今から植えても大丈夫です。




春には超絶大株になるでしょう。




11:20−27




ケイトウもそろそろですかね?




何月まで楽しめますか?




そんな会話を良くしますが、ケイトウは霜が降るまで。




11月下旬まで、頑張ってくれれば御の字ですね。




11:20−28




今月初めのイベント会場で作った寄せ植え。




やはり、暖かい時期に作った寄せ植えは太りが良いですね。




11:20−29




それにしても良い花色。




今年はいつまでも暖かい・・・、暑かったので。




いつまでもジニア、ペンタス、インパチェンスが幅を利かせています。




いつまでも楽しんでおきたい気持ちは、わかりますが・・・。




次のビオラ、シクラメン、アリッサムを太らせるには早めの植え替えがオススメ。





この寄せ植えが良い実証実験になりましたね。







さてさて、今週末は3連休ですね。




お出かけ日和だと良いのですが。




ぷらぷらには、やっとハボタンが入荷して来る予定。




なので、フラワーリースの製作が開始します。




12月に入ったら、教室を開催しようと思っておりますが・・・。




今週末はフリーでやっちゃいましょう。




お手持ちのリースフレームがある方は、持って来て下さいな。




隣で、作業しながらですがリースの植え方を御教授致します。




もちろん、ぷらぷらにもリースフレームは販売しております。




とにかく気軽にリースを楽しみに来て下さい!!




お待ちしております。




ちょびっと寄せ植え。



皆さま、ビオラマーケット大盛況でございます。




本当に、ありがとうございます。




色々と要因はある様ですが、ビオラが大人気ですね。




皆さまがじっくりと、パンジービオラを選ばれている光景が、ぷらぷらのモチベーションに!!




しかし、最後の1ポットまでオススメのビオラです。




そのくらいこだわった品揃えだから。





明日は日曜日。




是非、見に来て下さい!!




今回は写真を撮るタイミングも見つかりませんで、写真の数少なめです。





お客様に注文頂いた、エヴォルベの寄せ植えを紹介。




個性的であるからこそ、寄せ植えが難しいのですが・・・。




ハマると、最高にかっこ良い。




11:17−1




はい、早速エヴォルベじゃない!!




小輪パンジー わらく エーゲブルー




今年は結構目にしますが、マイナーな頃からぷらぷらで人気の「エーゲブルー」




今年はとうとう、人気が爆発致しました!!




濃いブルーにやや白い覆輪が入る花色。




パンジーとは思えない、花付きの良さ!!




当然の人気ですね。




11:17−2




シンプルにミントブッシュと黒竜を合わせます。




花色が印象的だからこそ、出来る寄せ植えですね。





11:17−3




エヴォルベだけ3ポット合わせた寄せ植え。




ビビッドな花色だから、シンプルな白いカンに植えます。




11:17−4




この写真では、2色に見えますが・・・。




実物は良い具合の3色です。




大事にしたのは、花の形と花の大きさを統一する事。




そうする事で、個性的な花色でも合わせ易くなります。





11:17−5




サンゴピンクとディープレッドのエヴォルベ。




あまり合わせない花色ですが、最高にカッコ可愛くなります。




11:17−6



黒に見える程、濃い赤の花色。




エヴォルベ以外では、滅多に見ません。




コレから、花数が増えると楽しみな寄せ植えです。




11:17−7




カラーリーフはそれぞれの花色に近しい葉色を選びました。




上手くまとまる、エヴォルベ2色+カラーリーフ2種の寄せ植え。




自分だけの1鉢が出来るので、オススメですよ。




11:17−8




そして、最後も・・・。




エヴォルベじゃな〜い。




かなり絶妙な花色をしておりますが・・・。




キューティーアプリコットです。




マットなブラックリーフのキンギョソウがかっこ良い。




ネメシアもとても良い色してますね。




3〜4ポットで出来る、シンプル寄せ植えが人気です。




ご自宅に眠っている鉢でも持って、ぷらぷらへ遊びにいらっしゃいませんか?




寒さが来る前に、園芸を楽しみましょう!!!